本日 10 人 - 昨日 114 人 - 累計 285293 人 サイトマップ
RSS

第4回全日本UJボクシング王座決定戦愛媛県選考会

第4回全日本UJボクシング王座決定戦愛媛県選考会が松山工業高校で行われ


矢野ジムからは川口大空(久枝小6年)矢野悠斗(内宮中2年)


矢野利哉(内宮中3年)の3名が出場した。川口大空・矢野悠斗は認定。


矢野利哉はUJ大会が終わってすぐだった事、大会直前に修学旅行があった事


で全く練習ができない状態で試合直前まで高校生とマスをして距離感を確かめて


いた。試合では心配していたようにいつものキレはなくワンツーもおそく体も足も


全く動いていなかった。今回はカウンターは封印と話していた利哉でしたが


苦しかったのか相手が出てきた所にあわせただけのカウンターで相手選手を


体ごと吹っ飛ばしダウンを奪うと少しリズムにのれたのか手数も多くパンチも


当たりだした。2R目に入ると手数も多くなり正確にターゲットエリアに強い


パンチをヒットさせるがレフリーからのダウンコールは無い。


相手選手はロープにはりつけになりクリーンヒットを何発ももらいそれでも


ストップはかからない。一瞬意識が飛んだのか前のめりになる所をアッパーで上


体をおこすときれいにストレートが入った。それでもストップはかからない。


最後はコーナーに追い詰め相手選手の頭がロープから出るほどの連打でようやく


ストップがかかった。試合終了後は会場が静まりかえっていた。

結果  2R 0"30 RSC勝ち


次は6月の四国ブロック大会へ向けてまた遠征で経験値を上げていく。



画像


画像


画像


画像

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):